カミソリ負けでかゆい時の正しいスキンケア方法とは?

おしゃれな髭

肌荒れはカミソリ負けに繋がる

カミソリを使って髭を剃るという行為は、肌を削る行為でもあります。そのため、肌の状態が悪いとカミソリ負けが起こり、かゆみが出やすくなってしまいます。

もしも、カミソリ負けが起こるなら、見た目に異常がなくても肌荒れを起こしている可能性があるので、乳液やクリームなどを使ってスキンケアしてあげましょう。乾燥肌用やオイル肌用など、さまざまなスキンケア用品が販売されているため、自分の肌の状態を把握した上で適切なものを購入することをおすすめします。

普段使うスキンケア用品のほかに、髭剃り後に使うアフターローションも用意しておいたほうがよいです。 なお、スキンケア用品には、男性用と女性用のものが販売されていますが、どちらを購入しても構いません。

肌に合う人、合わない人があるので、できる限り多くの選択肢を用意して、自身にピッタリのものを選定したほうが確実です。ただし、女性用に含まれている成分には注意しましょう。特に、美白成分が含まれているスキンケア用品が多いので、顔を白くしたくない男性は気をつけなければいけません。

カミソリ負けにきちんと対処しよう

スキンケア用品を使っていても、カミソリ負けをしてしまったのなら市販薬に頼りましょう。スキンケア用品は何かしらのトラブルがある肌への利用は推奨されていないため、市販薬を使って、しっかりとかゆみを抑えたほうがよいです。炎症を抑えるための市販薬がドラッグストアなどで販売されているので簡単に手に入れられます。薬剤師の方がいれば、相談も可能なため、どれを選んでよいか分からないなら話を聞いてみましょう。

なお、カミソリ負けの症状が酷いときには、肌に疾患が隠れているかもしれません。それを見極めてくれるのは、ドクターだけなので、皮膚科のある医療施設を頼りましょう。きちんと診察をした上で、市販薬よりも効果がある処方薬をくれるので、不快なかゆみなどの症状を素早く消し去れます。

スキンケアのために道具を交換しよう

時々カミソリ負けをするのではなく、頻繁にかゆみを覚えてしまっているのなら、使っている道具が原因かもしれません。肌に負担をかけない髭剃り道具はたくさんあるので、そちらの利用も考えましょう。

かゆみだけではなく、酷い赤みやブツブツが出来るようになっては、肌に跡が残る可能性があるので、キレイな肌でいたいのならスキンケアの一環として道具を変えたほうがよいです。

もしも、カミソリにこだわりがないというのなら、シェーバーに変えてみましょう。刃を直接肌に当てるカミソリよりも、シェーバーのほうがずっと負担が少ないため、変えることでかゆみが起こらなくなる可能性があります。

しかし、品質のよくないシェーバーを使ってしまうと、カミソリ負けと同じような状況が起こる場合があるので、評判がよいものを選びましょう。肌への優しさを売りにしているシェーバーもあるため、心配ならそちらを購入するとよいです。

絶対にカミソリでなければいけないのなら、できる限り刃の数が多いものを選びましょう。カミソリは一枚刃からありますが、三枚刃や五枚刃などもあり、刃の数が多くなればなるほど肌への負担が減っていきます。もしも、現在使っているカミソリの刃の枚数が少ないのなら、少しずつ増やしていって、自身の肌にピッタリなものを見つけましょう。

それでもカミソリ負けが起こるのなら、髭用のブラシの活用をおすすめします。ブラシを使って肌に泡を塗っていけば、髭が立って柔らかくなるので、通常よりもずっと剃りやすくなります。

起こってからのケアでは遅い

カミソリ負けでのかゆみが嫌ならば、起こってしまってからのケアを考えるのではなく、起こらないようにするためのケアをしましょう。

自身に合ったスキンケア用品を購入して、髭剃り道具も揃えれば、カミソリ負けに悩まされることもなくなるはずです。髭剃りをほぼ毎日行っている男性も多いでしょうから、不快な症状が起こらない肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です