肌に悩みがある男性のための糖化の改善方法を紹介!

糖化が肌に引き起こすさまざまな症状

人間は年をとると肌にしみやくすみができやすくなりますが、これは糖化という症状と大きく関係している場合があります。

糖化とは体の中にたまった過剰な糖分が、体内のたんぱく質と結合することによって、さまざまな悪影響を体に与える症状のことです。

体の中でたんぱく質が糖分と結合することによって、AGEという物質が生成されます。これは「advanced glycation end-products」という英語の頭文字をとったもので、AGEsと呼ばれることもあります。日本語にそのまま訳すると「糖化の進行によって最終的に生成される物質」という意味ですが、このAGEが体内に蓄積されることで、さまざまな影響を及ぼします。 AGEの蓄積は肌にも悪い影響を与える場合があります。

たんぱく質が糖分と結びつくことによって、細胞の機能が衰えることによって、肌を劣化させる原因となります。

特に肌のみずみずしさを作っているコラーゲンの細胞が糖化によって、ダメージを与えられると、肌に張りがなくなってしまいます。肌に張りがなくなることで、しわも増えやすくなってしまうので、年齢よりも老けた印象に見られてしまいます。

また糖化はシミやくすみを作り出す直接的な原因になる場合もあります。たんぱく質と糖分が結合して生成されるAGEが体内に増え続けると、AGEの一部がそのまま皮膚の外側に定着してしまいます。

たんぱく質と結びついたAGEは色の濃い物質であるために、これが肌に表面に増えると、シミやくすみが目立ちやすくなってしまいます。

糖化を防止するために必要なこと

糖化によって蓄積されるAGEは、年をとるごとに体内にたまりやすくなります。これは高齢化により、体の機能が衰えやすくなることが理由としてあげられますが、年をとると肌にしわやしみができやすくのも、こうした症状が一つの原因となっています。

したがって年をとっても、肌をいつまでもきれいな状態に保ちたい場合は、この糖化をできるだけ防ぐことが大きなポイントになります。

体内で糖化の進行を抑制して、体の中に不必要なAGEを生成させないことで、肌にしみやくすみをできにくくします。

 

糖化を防止するうえで特に重要になるのが毎日の食生活です。糖化は体内で消化された食物に含まれている糖分がたんぱく質と結合して起こるものなので、できる限り不要な糖分を摂取しないようにすることが、糖化の進行を抑制する鍵になります。

糖分を多く含んでいるものを食べ過ぎないことも重要ですが、糖化を効果的に防ぐ上で知っておかなければいけないのは、糖化が体内で起こりやすいタイミングです。糖化は食事を終えてから、1時間ほどの間にもっとも起こりやすくなっています。

なぜ食後1時間ごろに糖化が起こりやすいかといえば、これらの時間帯に体の中の血糖値が大きく上昇しやすいからです。

食事をとることによって体の中の血糖値は一時的に上昇しますが、そのピークとなるのが食後1時間前後のために、この時間帯に特に糖化が起こりやすくなっています。

糖化を防ぐのに役立つ食べ方や食べ物

糖化を効率的に防ぐためには、食後の血糖値の増加をできるだけ防ぐことが重要です。

人によって血糖値の上昇の程度は大きく異なっていますが、血糖値が上昇しやすい人には、食生活にも共通の傾向が見られます。

特に血糖値が増えやすいのが一回に食べる食事の量が多い場合です。一度に大量の食事を食べてしまうと、その分血糖値の上昇も激しくなってしまうので、これが糖化を進行させる大きな原因となります。

極度の空腹の状態から、多くの食事をとるのも血糖値の急激な増加を引き起こす原因で、食事の前後の血糖値が急激に変化することで、体内の糖化も促進されてしまいます。

したがって糖化を防ぐためには、一度に大量の食事をすることを控えて、一日数回に分けて適量に食事をとることが重要です。

また食べるものを選ぶことによっても血糖値の上昇を防ぐことができます。食べ物の中には食後の血糖値を上昇させやすいものがあるので、これらの食べ物をなるべく控えることで、効率よく糖化の予防をすることができます。

主食でも血糖値を上げやすいものとそうでないものがあり、血糖値が上がりやすいのがパンや精米したお米です。同じお米でも白米よりも玄米のほうが、食後の血糖値が上がりにくくなっています。お米は食べ方によっても血糖値の上昇しやすさが異なります。

お米を普通に炊いてそのまま食べるよりも、おかゆにして食べたほうが血糖値の上昇を防ぎやすくなります。水を多く使用してお米を過熱することで、お米による糖化を抑制することができます。

麺類では、うどんよりもそばやパスタの方が血糖値が上がりにくくなっています。

糖化を防止して健康な肌をつくる

年をとることで増えやすくなる肌のトラブルは、毎日の食生活を変えることでも防止することができます。体内で引き起こされる糖化を抑えることで、しみやくすみをできくくします。

糖化を防ぐためには食事の内容だけでなく食べ方も重要です。毎食、適量の食事をとり食べ過ぎないようにすることで、血糖値の急激な上昇を防ぎ、糖化を抑制することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です