糖化とは?メンズが気をつけたい状態と対策を解説!

糖化とは

酸化という言葉は耳にしたことがある方も、糖化は初耳かもしれません。

糖化とは、摂取した糖質が体を老化させる現象を指します。

タンパク質と結びつき、様々な病気を発症させる原因にもなりかねないのです。メンズも陥りやすい状態の一つであり、寿命を縮める要因にもなりかねません。

特に「糖」はついつい摂取しやすく、甘いものを好んで食べる方にとっては厄介な存在です。

糖化は健康面に影響を与えるだけでなく、美容にも悪影響を与えます。肌のたるみやシワといったわかりやすい老化現象は糖化によって引き起こされることも珍しくなく、男性であっても30代40代のうちに対策を施さなければなりません。

また、糖化は焦げ付きと同じように見られることもあります。糖を日にかけると茶色に焦げ付いていくように、糖化した骨は茶色く変色し焦げたようになってしまうのです。

食事なら美味しく見えるこの減少も人体に起きているとなれば大変な状態になりかねません。肌の潤いを失わせる原因にもなるため、深刻な事態に陥る前に対策が必要です。

糖化が起こりやすい男性

糖化が起こりやすいと考えられるのは、やはり食習慣が乱れている方です。

糖は食事から摂取されるため、偏った食事を続けていたり、大盛りご飯ばかり頼んでいる方は注意が必要です。

特に部活動などでたくさんご飯を食べてきた方は、社会人になってからも同じような食生活を続けている方も珍しくありません。

食事量を減らすことは簡単ではないかもしれませんが、糖化が起きる前に今の食生活を見直し、偏食を改善する必要があるのです。すでに肥満になっている方や、糖尿病を発症させている方は、この糖化を加速させることも忘れてはいけません。

食事面で言えば、早食いの傾向にある方も注意が必要です。ゆっくり食べない方は血糖値が上昇しやすく、糖化が起きやすい体になってしまいます。また、早食いを行うことで満腹感が得られず、結果的に必要以上に食事を取ることにもなりかねません。

朝食を抜きがちな方も同様です。朝食を抜いた体を補おうとした体は、昼食の糖の吸収を加速させてしまいます。これでは糖化を防ぐ以前の問題となってしまうため、朝食は抜かずしっかりとバランスよく食事を取ることが大切です。”

食事で防ぐ糖化

糖化は食事によって引き起こされますが、食事から防ぐことも可能です。主食をご飯からパスタや玄米に変えるだけで一定の効果が見込めますし、野菜をしっかりと食べることで血糖値を上昇させることなく糖化を防ぐことができます。

また、これら食事は美容面に好影響を与えるものも多く、その意味でも効果的な食事です。さやいんげんやトマト、レタスといった野菜類で食物繊維をしっかりと摂取し、同時に糖化も防ぐのです。同様に、きのこ類も糖化しづらい食事のため、積極的に食生活に取り入れていきたいところでしょう。

一方で、意外に思われるのが果物です。果物はいかにも糖を含んでいそうな食べ物ですが、糖化に関してはあまり影響しない食べ物なので、甘いものが食べたくなったら果物をまず食べるとよいでしょう。

りんごやミカンなど、ポピュラーな果物は基本的に問題ありませんが、一部バナナのような果物は多少糖化しやすくなるため注意が必要です。また、ジャムにした果物は血糖値を上昇させやすくするため、果物でもNGです。

また、おやつの時間を設けていたり、つい夜食を食べてしまう方も注意しましょう。間食は食生活を崩してしまいますし、糖化を招く要因になりかねません。特に間食は甘いものをつい食べたくなってしまう男性も多いので、抗糖化を考えるなら間食の時間自体を作らないことが大切です。”

運動で糖化対策を

運動は糖化対策にもってこいの行動です。

血糖値は食後が最も上がりやすく、この時間に何もせず過ごしているとあっという間に血糖値が上昇してしまいます。そのため、食後は少し散歩をするようにしたり、軽くウォーキングを始めるだけでも一定の効果が得られるでしょう。

また、運動をすることで精力的になりますし、ストレスを緩和して肌にも好影響を与えます。

ただし、運動中に糖の多いスポーツドリンクなどを取らないよう注意しましょう。せっかくの運動中に糖を補給しては意味がないので、水やお茶など糖を含まないドリンクを用意することが大切です。

食後でなくとも運動は効果的なので、何気ない日常生活の中でも少し遠くまで歩くようにしたりと、工夫を凝らすと良いでしょう。

 

運動後はしっかりと睡眠を取ることも大切です。睡眠不足は糖の上昇の原因となるため、できれば6時間から7時間は睡眠時間を確保すると良いでしょう。”

糖化を防ぐには日常生活の見直しを

このように、糖化を防ぐためには常日頃の生活習慣を見直す必要があるのです。1日2日で成果を上げようとするのではなく、50代60代になっても健康で老いを感じさせない体を目指すと良いでしょう。

男性でも美容を気にする時代なので、より抗糖化を行う意味は大きくなります。

まずは、運動や食生活の管理から始めることで、抗糖化を狙いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です