たるみやくすみその他肌の悩みは糖化が原因だった。糖化を知って若々しい自分を手に入れよう!

肌のトラブルで悩んでいる人は意外に多い

20代の時とは違う自分の肌の変化に気づき最近では男性でもスキンケアやメイクなどいろいろな方法でお手入れをするようになりました。

しかしたるみやくすみについてはスキンケアやメイクではカバーしきれません。ではどうやってケアしているのでしょうか。

そのうちの一つはほうれい線やシワを無くすためのプチ整形があります。

悩みを抱えている人は意外に多く、さらに4〜5万円程度の治療費で出来るためプチ整形をする人は増加しています。

プチ整形に踏み切ったのか聞くと営業や接客業など人と接する仕事をするため第一印象を変えたいからという理由でした。印象が変わればその後の仕事に大きな影響があるといいます。

また別の方は子供の行事に参加することが増え他の若いお父さんと自分を比べてしまい気になるようになったからだそうです。きっかけは人それぞれ違いますが意外に多くの人がたるみやくすみによるは肌の悩みを持っているようです。

 

なぜたるみやくすみが起きるのでしょうか?

そしてなぜ人によって差が出るのでしょうか?

 

実はその原因は糖化にありました。

糖化とは何か?

糖化とは体の中の余分な糖とたんぱく質が結合することによって老化物質(AGEs)ができる現象のことをいいます。

コラーゲンはたんぱく質で出来ているので皮下組織の中で糖と結びつくと肌にダメージを与えたるみが発生してしまいます。それだけでなくくすみの原因にもなります。

わかりやすい例でいうとホットケーキの表面が茶色くなるのは卵のたんぱく質と砂糖が結合することによって糖化現象が起きているからです。

老化物質は肌だけでなく糖尿病や心筋梗塞、関節痛、性機能障害など体全体にも多くのダメージを与えます。

余分な糖といえば砂糖やケーキなどのデザートをイメージする人も多いと思いますが、ここでいう糖とはブドウ糖のことです。

人は毎日食事をしていますが食材によっては体の中で分解する際にブドウ糖になるものごあります。ブドウ糖は人間にとって必要な糖分ですが吸収が早いため無意識のうちに過剰摂取することで体への負担も多く問題にもなっています。

ではどうすれば良いか?

ズバリ生活習慣を変えることです。日々こんな食事をしていたら気をつけてください。

例えばラーメンとライス、餃子定食、菓子パンとコーラなどなど、糖化という視点から考えた時は大いに避けたいところです。なぜならこの組み合わせは糖&糖の組み合わせになるからです。

ではどんな食事が良いのでしょうか?

それはいたってシンプルで体の中に入った時に糖にならない、もしくはなりにくい(消化するのに時間がかかるもの)食事をとれは良いのです。 糖分は血糖値を上げてしまうので体への負担も多きいので日々選んで食べるということを意識すれば肌にももちろん良いです。

体の中で糖分にならないものはどうやって選べば良いかと考えた時に参考にしていただきたいのはGI値という数値です。GI値とは一番早く体に吸収されやすいブドウ糖を100とした場合の数値をいい、この数値が低いほど体に負担をかけず糖化を起こしにくいということです。

良く食べる食材で見てみるとパンは91、白米は84、うどんは80、となっており100に近いほど血糖値を上げてしまう食材ということになります。小麦粉が主成分として作られているパスタなどもGI値が高いため控えたいところです。 理想は60以下のもがオススメで、パンなら全粒粉(GI値50)、白米なら玄米(GI値56)に変えてみましょう。その他肉類や魚介類は50未満、その他乳製品、海藻類などGI値が低いのでそういった食材を中心に摂る、また白色物から茶色物へ食事を変えることを心がける。

さらにGI値の高い食べ物は後で食べるなど食べる順番を変えるだけでもGI値を上げにくくするためとても効果的です。

またどうしてもGI値の高い食事をしなければならない時は食事の前に食物繊維が豊富なサプリメントを摂るなどして気をつけるのも良いでしょう。

こんな人は要注意

食後に急激な眠気を感じるという人、実は体がとても危険な状態になっています。

これはGI値の高い食事をすることで急劇に血糖値が上がるため体が驚いてたくさんインシュリンが分泌し一気に血糖値を下げようとします。体の中でこのような現象が起こるとで急な眠気を感じます。

これはGI値の高い食事をしている信号でもあるため、心当たりのある人はすぐにでも改善すると良いのではないでしょうか。

GI値の高い食事をしてしまった時は先ほどの方法に加え軽い運動をしたり、ビタミンB群を積極的に摂るなどして対策を取ると良いです。

疲れた時やストレスを感じた時などどうしても甘いものを食べたくなった時はせめてバナナなどのフルーツ(なるべく甘くないもの)やナッツなどを食べるのもオススメです。

糖化に注意して肌トラブルが解決したらどんなことが起きる?

糖化がなくなってくると肌とともに体調もだいぶ変わってきます。体の中から改善されていくということは倦怠感なども減り疲労回復が早くなるので自然と元気になってきます。

さらに肌の悩みが解決してくれば朝から鏡をみて気持ちも上がってくるでしょう。笑顔で挨拶をしていれば周りの人も変わってきます。

できることを今から始めよう

たくさんの努力と習慣を変える必要はなく、何気なく食べていた食事をGI値の低い食べ物に変えてみてはいかがでしょうか。

糖化という現象を知り意識してみると意外と簡単に改善することが出来ます。コーラをお茶に変えてみる、白いパンを茶色の全粒粉に変えてみる、出来ることから始めてみませんか?

小さな一歩が5年後10年後の自分を笑顔に変えてくれるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です