あなたは男性の正しい髭剃りと洗顔の方法を知ってますか?

髭剃りと洗顔は順番と方法を間違わないことが大切

メンズが髭剃りをするときは、洗顔も合わせて行うでしょう。メンズの髭は非常に硬いのが特徴で、その硬さは銅線に匹敵するのです。

メンズの肌は女性より強いとは言っても、毎日剃っていると肌は傷つきます。肌を守るためには正しい髭剃りと洗顔の方法を知っておく必要があります。

洗顔料を使えばシェービング剤なしで髭剃りができると思うかもしれませんが、洗顔料は刺激が強いのでシェービング剤としては使用できません。

洗顔料は肌の汚れを落とすのが目的で、シェービング剤は髭を柔らかくして剃りやすくするのが目的です。 髭剃りと洗顔の順番は洗顔が最初になり、肌を清潔にしつつ髭を保湿する役割があります。

髭が硬い状態だとカミソリが滑りにくいので、ぬるま湯で洗顔して柔らかくしていくわけです。そうすることで剃るときの摩擦抵抗が小さくなり、肌荒れを予防できます。

髭剃りは少なからず肌にダメージを与え、特に何度もカミソリを往復させているとダメージが大きくなります。往復回数は少ないほど肌にはよいため、洗顔をして十分に水分を含ませる必要があるわけです。

入浴時に髭剃りをする方がいますが、湯気でほどよく髭が蒸れて剃りやすくなるため非常に理にかなっています。 洗顔が終了したらシェービング剤を塗って、さらに髭を柔らかくしてください。シェービング剤は肌に刺激を与えないため、30秒ほど放置して髭を柔らかくしましょう。それにより肌への刺激を抑えつつ深剃りが可能になります。

 

カミソリの切れ味が悪くなってきたら早めに交換するのがコツです。カミソリは切れ味が優れているほど肌への負担が軽く、逆に切れ味が鈍ってくると肌の角質を傷めやすくなります。切れ味が衰えたカミソリを使用し続けると、肌が敏感になってヒリヒリやニキビなどのリスクになります。

カミソリ負けをしてしまう人は、正しくない方法で髭剃りをしていると考えてください。

プロの髭剃りを真似するのがベスト

理想的なメンズの髭剃りとは美容院や理容室で行われている方法です。プロの髭剃りはシェービングソープを専用ブラシでしっかりと泡立ててから行われますが、これが本来の方法なのです。

シェービング用のブラシで泡立てることできめ細かい泡が生まれて、髭剃りをより滑らかにできます。アナグマの毛を使用したブラシは最高級とされており、毛穴に詰まった汚れを除去したり、肌をほどよく刺激して柔らかくしたりするメリットがあります。

洗顔と髭剃りは時間を多めに確保して行うのが好ましく、短時間でさっと済ませてしまう方はカミソリ負けを起こしやすいので注意してください。

肌トラブルを起こさないための工夫を

洗顔と髭剃りが終わったらぬるま湯でしっかりと洗い流し、それから保湿ケアをします。保湿が不十分だと肌がヒリヒリしたり、痒みを発生させたりします。洗顔や髭剃りをすると皮脂が落ちるので、肌が乾燥して痒くなりやすいのです。

洗顔をすれば自然と肌が保湿されると思うかもしれませんが、皮脂が除去されるので放置しておくと急激に乾燥を招きます。洗顔と髭剃り後は速やかに保湿し、それから乳液やクリームで保湿成分が逃げないようにしてください。

化粧水や美容液は保湿するために役立ちますが、これだけでは保湿力を維持できません。健康な肌のためには保湿成分と油分が必要であり、最後の仕上げに日焼け止めクリームを使用するとよいです。紫外線のダメージを極力減らすこともカミソリ負けを防ぐために大切です。

メンズの髭剃りで肌を傷めないために

メンズの髭はチクチクとして硬いのが特徴ですから、女性以上に髭剃りの方法にはこだわる必要があります。

洗顔と髭剃りはセットで行いますが、順番は間違わないようにしてください。最初に洗顔をしてから髭剃りをすることで、肌への刺激を抑えて剃りやすくできます。

髭を剃りにくいと感じたり、カミソリ負けをしたりする方は、間違った方法で髭剃りをしている可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です