30歳を過ぎた男性の大人ニキビはこうやって予防しよう!

頭を抱える男性

30歳を過ぎた男性の身体でニキビができやすい場所とは

思春期の少年と、20歳以降の男性のニキビ事情は違います。特に30歳を過ぎると、男性の肌はさまざまなトラブルに見舞われ、ニキビができやすくなると言われているのです。

目立つ大人ニキビは、主に次のような場所にできます。 ・アゴ ・頬 ・鼻と鼻の周辺 ・おでこ(Tゾーン) ・背中 これらの場所に現れるニキビはそれぞれ、できる原因と対処方法が違います。この違いを認識し、自分に合った予防策を講じましょう。

アゴや頬にニキビができる原因と対処方法はこれ

男性のアゴは、特にニキビのできやすい場所として知られています。アゴのニキビはヒゲを剃る時にとても厄介なものですし、誤って傷をつけてしまう恐れもあります。アゴのニキビは目立ちますし、つい手で触って悪化させる危険性もあるので、できるだけ発生をさせたくないものです。

あごにニキビができる原因として考えられるのが、毎日のヒゲ剃りです。これはカミソリを使用する場合だけではなく、シェイバーを使う時も同様です。毎日同じ箇所を剃るのでダメージが蓄積され、次の朝までに十分回復しなくなってしまいます。ニキビを出さないためには、強く剃りすぎて肌の一番上の層まで削ってしまわないようにし、剃ったあとのアフターケアを万全にする必要があります。

男性の頬にできるニキビは、ホルモンバランスの崩れから発生することが多いものです。ニキビは本来、厚くなってしまった角質が原因になって発生します。角質が固くなると、毛穴をふさいでしまうようになります。

思春期は皮脂の分泌が多いのでニキビができやすくなるのですが、30歳以上になると別の原因が考えられます。その原因が、ストレスによるホルモンバランスの崩れなのです。ストレスの要因は様々ですが、特に多いのが睡眠不足です。

頬のニキビを予防するためには、肌の保湿と共にしっかり睡眠をとる必要があります。また、食生活も影響するのでバランスの良い食事をとるようにしましょう。

これが鼻の周辺 やおでこ(Tゾーン)にニキビができる理由

鼻の下や周囲にもニキビはできます。鼻そのものや鼻の周囲は皮脂が出やすく、溜まりやすい場所です。そういった余分な皮脂を放置しておくと毛穴が詰まり、ニキビの原因になります。

朝晩の洗顔はもとより、あぶらとり紙を携帯し、気になったら鼻の周囲を拭くとよいでしょう。特に外出時は要注意で、ほこりや塵が毛穴に入り込むこともあります。風が強いようなら、マスクをするのが効果的です。

また鼻の下のニキビは、口の周りのニキビと同様に荒れた食生活が原因になることがあります。食べ過ぎに注意し、規則正しい食生活を送るようにしましょう。 おでこと、目と目の間は、Tゾーンと呼ばれることもあるニキビの多発地帯です。特におでこには一度に多くのニキビが生じ、とても目立ってしまうことがあります。

また、おでこより少し上の髪の生え際にもニキビはできます。これらのニキビの多くは、洗髪に関することが原因で発生します。特に前髪がおでこにかかっていると出やすくなるので気をつけましょう。予防策としては、シャンプーのすすぎを入念にすることが挙げられます。これらの成分が髪に残っていると毛穴に入り込みふさいでしまうので、シャワーでしっかり洗い流すようにしましょう。

また、洗顔時の洗い残しも考えられます。髪の生え際までしっかりと洗い流すことが大事です。

背中にニキビができないようにする方法とは

顔だけではなく、背中にニキビができることもあります。背中はシャツなどにより擦れることが多く、痛みと共にニキビの悪化も促します。

背中の汗は拭きにくく、そのまま放置をしてしまいがちなものです。この汗がニキビの原因になるので、汗をかいたらこまめにハンカチかタオルでふき取るようにしましょう。

夏などは特に汗をかきやすいので、制汗剤やベビーパウダーで予防するとよいでしょう。また、髪が長い人はシャンプーが影響をしていることもあるので、洗髪時にはよく洗い流すことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です